貧しい少年時代を送っていた偉人

福沢諭吉は天保5年に大坂の中津藩蔵屋敷で、福沢百助の次男として生誕したのである。福沢諭吉は1歳の時に父親と死別しており、母と兄弟6人で中津に帰京したのである。

貧しい少年時代を送っていた福沢諭吉少年であるが、信念を持っすごし、14歳になったころに、儒学者の白石照山の塾に入学したのである。

安政元年の19歳の時には、蘭学を志して長崎にへ学び、翌年には緒方洪庵の適塾で勉学に励んだのである。安政5年、判明により江戸の中津藩中屋敷にて、蘭学塾を飼い熟したのである。

これがのちの慶応義塾へとつながるのである。

福沢諭吉は、語学力と知識にあふれており、万延元年に渡米し、その後は遣欧使節団に随行して、ヨーロッパ諸国も歴訪したのである。

そして、社会の制度や考え方などを吸収し、「西洋事情」や有名な「学問のすゝめ」など続々と書き記していき、日本人に西洋文明の精神を伝えたのである。

また、西洋のスピーチを日本に広めるため、三田演説会を開始、三田演説館を季節したのである。「明治14年の改変」が起きたときには、福沢門下生が官界から追放されたのである。1890年に、慶応義塾に大学部を設け、文学、理財、法律の設置したのである。

また1892年には北里柴三郎を助け、伝染病研究所の設立に力を注いだのである。1987年には「福翁百話」を発表したのである。そして1901年2月3日東京三田の自宅にて永眠したのである。66歳であった。

福沢諭吉のこどもたちは9人のこどもに恵まれ、4男5条であった。

世間が女の子を軽視する傾向にある時代、福沢諭吉は、自分のこどもは男女分け隔てなく育て、9人の子がみな娘でも構わないというほど、子供たちを大切に育てたのである。

福沢諭吉は居合の達人でもある、若いころから立身心流遺体のけいこを積み、免許皆伝を得た達人でもあったのである。福沢諭吉の言葉に「点は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」という言葉がある。

これは、人はみな平等であるという意味が込められているのである。このことばは「学問のすゝめ」で書かれた言葉であり、学問の大切さを説いているのである。

また、それぞれの国民が自立してこそ国は一人立ちすること、国民一人一人が自立するには様々な知識を身につけることが重要であるとも説いている。

西洋文化普及に貢献し、肉食や牛乳を飲む習慣が普及にも貢献し、「カレー」という言葉も初めて日本に紹介したのである。